manab

スポンサーリンク
洋服

生地とは?テキスタイルとは?という疑問にお答え!→【整理加工】編

今回は生地加工についてをご紹介していきたいと思います。 生地というのは、数々の工程を経て普段手にする服地へと加工されているのです。 整理加工は生地の製造過程において必須の作業で、これによって生地の質が変わるといっても過言ではありません。
洋服

生地とは?テキスタイルとは?という疑問にお答え!→【設計】編

今回は生地を作る際の設計面をご紹介していきたいと思います。 生地を作る際にも設計作業はあるんです! まずは生地の組織を分析します。その後、糸使いの分析(糸番手、糸組成を選定)をして、密度の測定を行います。
洋服

ウール素材について、コートのおすすめも含めてご紹介!【紡毛編】

今回はウール素材についてご紹介します! 羊毛が原料となるウールは一種類と思われがちですが、実はそうではありません。 一口にウールといっても実は色々と種類があるのです。 メリノ種と呼ばれるウールで、これが代表的な羊種といっても良いぐらいです。
洋服

生地とは?テキスタイルとは?という疑問にお答え!→【糸番手計算】編

今回は糸についてのさらなる深掘りです。 計算方法など専門的な部分を多くご紹介します! そもそもなんのために糸の計算をするのか?これを疑問に思う方が多いかもしれません。 主な理由としては作りたい組成(混用率)の糸に置き換えるためです。
洋服

生地とは?テキスタイルとは?という疑問にお答え!→【製織】編

今回は実際に織る工程までをご紹介していこうと思います。 縦糸の準備は糸をワインダーと呼ばれる糸巻き機にかけ、必要数量ごとに紙管に巻き付けて分けます。 この必要数量というのは、作りたい生地の規格(長さや幅)に合わせて変わるため毎回同じではありません。
洋服

生地とは?テキスタイルとは?という疑問にお答え!→【糸について】編

今回は糸についてを深掘りしていこうと思います。 糸番手(太さ)や計算方法等、専門的な部分を多くご紹介します! 糸は製造方法で分けると二種類あります。 1つは「スパン糸」、もう一つは「フィラメント糸」です。 スパン糸 短繊維と呼ばれる、繊維長の短い原料に撚りをかけて紡績する糸のことです。
洋服

【撚糸】糸が生地になるまで【染色】テキスタイル

撚糸、糸から生地になるまで、染色方法などテキスタイルについての様々なことをご紹介していきます。 洋服の生地が出来上がるまでの工程を詳しく載せているので、生地について勉強している方やファッションに興味のある方は是非チェックしてみてください!
洋服

生地とは?テキスタイルとは?という疑問にお答え!→【4つの工程】編

原料から糸へ 原料となる綿(わた)を糸にする工程です。この綿のことを原綿(げんめん)と呼びます。 ワタの状態になっている原料を紡(つむ)いで糸の形状にする作業で、紡績(ぼうせき)と呼ばれます。 紡績の”紡”は撚(よ)り合わせること 紡績の”績”は引き伸ばすこと
洋服

生地とは?テキスタイルとは?という疑問にお答え!→【基本】編

生地とは?テキスタイルとは?織物とは?種類や作り方など、様々な疑問にお答えします! 織物とは糸を縦横に組み合わせて作った布地のことを言います。 ・植物繊維を用いた織物→布(ぬの) ・絹織物→帛(はく) 2つを合わせて布帛(ふはく)とも呼ばれます。
スポンサーリンク